遊技方法がわかったので、後はボーナスを引き当てるだけです。ではどうなったら大当たりなのか説明していきましょう。  
 
 
 

その前にまずスロットの役成立のシステムについて少し触れてみましょう。役(小役)には「ベル」や「チェリー」「スイカ」などあります。それぞれレバーをONした時に成立役は決まります。例えば左の円グラフのような物がスロット内部にあると仮定しましょう。その円グラフ上を針が1秒間に●●回転という目に見えないくらいの早さで回っていて、レバーをONした時にその針が止まり、止まった場所の役が成立役となるのです。ですから前のステップでも申した通り、レバーONが勝敗の鍵なのです。

ボーナス成立はこの針がボーナスの所で止まればボーナスなのです。単純ですが、非常に運に左右されますね。

 
 
 
 

現在のスロットは液晶画面が付いている物がほとんどで、無い物も必ず告知ランプでボーナスを告知してくれます。また、液晶演出のあるスロットでは、ボーナスが成立しているかも?という場合には数ゲームに渡って液晶での演出が激しくなります。こういった通常とは少し違った演出などが出た場合はボーナスを期待しましょう。

 
 
 
 

当たった!と喜んでいるだけではメダルは増えません。ボーナス中も基本はメダルをベットしてリールを回してボタンでリールを止める作業はおなじです。「パチスロ新世紀エヴァンゲリオン〜まごころを君に〜」のボーナス中の遊技方法は「順押し」で適当に止めていればメダルは増えていきます。液晶画面の右下に成立役が表示されており、その役が成立します。最後まで消化すると画面にボーナスにおける獲得枚数が表示されてボーナスが終了となります。簡単ですね。

 
 
 

これでスロットの基本的な流れはOKですね。
次のステップでは、スロット特有のシステムについて説明していきましょう。